★さるのビッグバン★

全てはここからはじまるぜ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

神様

人間、皆平等とは良く言ったものだ。

どんなに完璧に見える人間にも、どこかに欠点はあるものだ。



本日、昨年奇跡の卒論を書き上げた時にも多少お世話になった、

研究室の大先輩

もはや、神レベル

博士を卒業後、1年足らずにして、助教授になった方の論文の

実験の被験者をしに、所沢キャンパスに行った。


このお方、学業に関して切れ味抜群なことは言うまでも無い

もはや歩いているのを見るだけで、

左右どっちの足が短いのか、その原因はなんなのか、

本日の体調はいかがなものか、どこに力が入りやすくて、どこが不得意か、

その他もろもろ、もはや丸裸にされてしまう


一言で言えばハンパねぇ


さらに、

イケメン

顔が(女の子が言うあのこかわいい~とか、かっこいい~などは、完全にアテにならないが、男の言うかわいい、かっこいいはあながち間違いじゃないと思う そのぐらい本気でイケメンだ)

おめめパッチリ


そして、

一見おれらと同い年ぐらいに見える、

鍛え上げられた身体

こちらも完全に切れ味抜群だ



夏は、ライフセーバーとして毎日海に通い、(大会かなんかで優勝しとる)

海に行かない日は研究のかたわら、

ラグビー部の鬼トレーナーとして活動


もはや、完璧だ。

パーフェクトだ。



今日の、実験もマジでやばい。

もはや、スポーツ科学とかじゃねぇ。

会った瞬間

P:「今日、横隔膜下がりにくそうだね
 
 息、吸いづらいでしょ?」

 ※P:Mr.Perfectの略

お:「……スー…ハー……」(ほんとだ……)


実験中に

P:「やっぱ力の流れ切ると、出力でないね」

お:「…………ホントだ…

   (確かにあやしげな動きをMr.Pがする前とした後で記録が全然違う)」


でもね、

今日実験に一日付き合って、

やっぱウワサは本当かもしれないと思ったよ

そのウワサってのはね、










「彼はHOMOらしい」






やたらとボディータッチが多かったよ

時たま不安になるぐらいだったよ
スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

三大ヘンタイ

今年も早稲田祭で、あの三人が集まっちまった
081103_172047.jpg


ちなみに去年
20071104203334.jpg


メガネが入れ替わってる……



主人公、伊右衛門

この役をやった人は「お岩稲荷」に行かないと、お岩さんに呪われるらしい

と、笑いながら先生に言われた


早稲田祭二日目、1時半から講演だったため、

「仕掛けのリハーサルをしたいので9時集合で」

のメールをある程度シカトし、12時ぐらいに行ってやった

後から考えれば、前回これで主人公を押し付けられたにも関わらず、

全く進歩のないおれ


12時ぐらいにわざとらしく

このTシャツを着ていくと、
081107_104157.jpg



女:「セリフが増えました~」

おれ:「(そのぐらいならこの伊右衛門さまが何とかしてやろう)

    はい」


良く見ると、

増えたのは「セリフ」じゃなくて、「役」だったよ

短い劇中に起こる、

二箇所の一人芝居

何で主人公役の人に、その他の役もやらせるんだ!!



また、劇中で伊右衛門に結婚を迫る女の子がいるのだが、

その子の役をやっていたのが(女の子の役全部その子がやってるんだが)

リアルに演劇をやっている子で、

セリフにあまりにも感情がこもっていた。


女の子:「伊右衛門さまぁ~、あたしと結婚してちょうだいよぉ~!!!」

おれ:「(思わず)お、おう」


さらにそのシーンの流れで、

お梅ちゃん:「あたし伊右衛門さまと結婚できなきゃ死んじゃうから!

        良いの!?あたし、本気よ!!」

というセリフに続き

伊右衛門:「ちょ、ちょっと待てよ」

という台本があったのだが、






思わず、

おれ:「ちょ、ちょ待てよ」
2f380998.jpg


セリフあわせの時点では、クラス中が爆笑してくれたはずが、

本番ではしっかりスベッた



でもひとつだけ、不満があるとすれば、

こんなにおれら頑張ったはずなのに、

昨日の授業はもとの感じに戻っていたということだ(会話無い)
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。