★さるのビッグバン★

全てはここからはじまるぜ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

さようならウィスラー

昨日、楽しかった10日間のウィスラー生活に終止符を打ち、

後輩のいるカリフォルニアはRiversideというところに移動してきた

ウィスラーでのスキー最終日、お世話になったブラッコムゴンドラ前で
PC290045.jpg
(ウィスラーで後輩を囲んでおれらがどう生活してたか一目で分かる写真だね)


今年のウィスラーは、ついに、山頂付近がオープンしなかった…

普通、スキー場って山頂からオープンしていくもんじゃねぇのか…

最高気温-10℃、最低気温-30℃(しかもビレッジで)とかいう、

頭おかしい寒さにもかかわらず、

晴れてるんだよ、山頂が(昼で太陽出てるのに気温-20℃)

そんな中、一人でTバーから落ちたやつの気にもなってくれ

やってらんねーだろうが

こんなこともしちまうぜ
PC200019.jpg

要は、茶番祭り



でも、ブラッコム氷河のパウダーを滑れたし、

セブンスヘブンの景色は最高だったし、

本物のダイヤモンドダストを見れたし、

外人のスノーボーダーと友達になれたし、

いろんな英単語覚えたし、

スキーの何が楽しかったのかはっきり分かったし、

あっちの人たちの楽しみ方にたくさん学べたし、

Tバーからはもう絶対落ちないようになったし、

温かい人たちに囲まれて、本当に楽しかった


もちろん、ウィスラーの山頂エリアを滑り倒すという目的もあるけど

(だって、そのためにめっちゃ重いのにGSの板持って行ったけど、
一回も使わなかった…)

ぜってーまた行ってやる、ウィスラー

PC230033.jpg

PC230031.jpg

PC230029.jpg




でも、一つ肝に銘じて気をつけておきたいことがある

そこは、物欲の街だ

間違いなく、物欲の街だ

毎日、マテリアルが増える


だって、めっちゃオシャレな神保町が、スキー場とくっついてんだぜ!

このゴーグル、めっちゃいけてる!

って思った次の日、それつけてスキーできんだぜ!

このウェア、マジいかしてんな!

って思った次の日、それ着てスキーできんだぜ!

クリスマスの次の日は、BOXING DAYとかいって、

街全体が20%オフとかやってんだぜ!

しかも、カナダドル今めっちゃ安いし!

初めの3人映ってる写真の

おれと後輩がつけてる帽子、

後輩のストック、

タカヤスがつけてるヘルメット、

おれが持ってる頭おかしいストック、

それだけじゃない、それぞれのウェアの下に様々な新品が隠されている

それだけは、気をつけないとマジでやばいぜ

金がいくらあっても足りねぇ……

あそこで生活している人たちは、

もはや物欲を忘れた聖人だ


でも、ぜってーまた行ってやる、ウィスラー
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ウィスラー?

ウィスラー、雪が少ないぜ

まだ、上の方が開いてない……

早くも、3月、リベンジモード入ったぜ


タカヤスが、過去を悔やむモード入ったぜ


何の過去かって?


彼女と早く別れて、別のsomeoneと付き合った方が良かった過去だよ


早くも周囲から固められているgirlfriendをね


両親は、将来に向かってseriousらしい


タカヤスの将来のincomeも既に調査済みだ


っていう暴露も含め、例のDVDにのっとってさまざまな茶番を繰り広げるおれたち


「しゃべった方が良いっすか?」


「annyはおれの彼女だよね」


「しゃべること無いな~」


分かる人にしかわからないよね



分かる人にしか、分からないのは良いとして


こっちのトイレはsome kind of a bitだぜ


おれらがおしっこすると、たいてい壁に目線が行くと思うんだが、そこには


many naked womenがいる


かなりelectedなかんじでit's troubling usだ


店員さんに、


「You can stay there however you want」


て言われた


カピバラに似ている○山△雄もここで飲んだ上、こういわれたのかと思うと


親しみがわくぜ

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ウィスラー

たどり着いたぜ、ウィスラー

バンクーバー空港から、ウィスラーまでの道のりは、正直、

日本じゃないということの怖さを味あわされたぜ


バンクーバー空港にて、タクシーの運ちゃん誰も行きたがらない、ウィスラー

何しろ車で2時間。

気温は、-30度(ホントだよ)

道路は凍結、道に街灯はない、工事中で2時には通行禁止

バンクーバーでの時間は11時半

要するに、片道切符だ



あるタクシーがつかまった

運転手は、何も事情を知らないバングラディシュ出身


途中で、

運:「てゆーか、マジ暗いんだけど」

おれら:「ですよねー!(笑)」

運:「………」

おれら:「(やべ…今笑うとこじゃなかったんだ…)」



運:「てゆーか、普通だったら600ドルでも来ないし」

(この時点で既に300ドル払い済み

しかも、最初にこの運転手が300ドルで良いよと言いよった)



運:「I can't see anything!!

Now, we are 4 people, but when I return, it's 1 people!!」

運:「shit!!」

おれら:「(頼むから行ってくれ………)」


名前も知らない、マジで田舎の町で

運:「ここで、降りてくれ、お願いだ

   ここから一時間先の街から帰らなきゃいけないおれの身になってくれ

   だって、この道こんなに暗いんだ

   モーテルに泊まって明日タクシー呼んでくれ

   おれもう帰りたいんだ、頼むよ」

おれら:「(正直、、恐怖だぜ)だって、外気はー30度

     分かりました、あと100ドルチップ渡すから」

運:「オーケー、行こう」

おれら:「軽っっっっ!!」



バングラディシュの神に助けられて、今おれたちはここにいる

おれたちを送り届けて、

立ちションして、そのままの手でおれらと硬い握手をする余裕はあったのに、

写真を撮る暇はなかったらしい


やはり、神だ。

かれはきっと二時の通行禁止時間に間に合わず、どこかで寝たんだろう

ありがとう、神よ


神に車の中で、次にウィスラーに来るときは

必ず

バスを予約するようにきつく言われたぜ


写真はそのうちね

明日も、すべります
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ういす

今年のエイプリルフールに、

ジョーダンみたいなウソをついて、

危うく村八分されそうになってから、8ヶ月。

とうとう、ホントにウィスラー行くぜ!

あと1時間後には家出るぜ


あっちついて空港から宿までの足(バスで2時間ぐらい)が、

まだ確保できてないぜ


泊まる宿は、
Alpen_Dreams.jpg

Alpen_Dreams_Kichen.jpg


あの、マルヤマタカオとか、イヤマケイスケとかが、

081219_125938.jpg


081219_130010.jpg

若干の茶番を織り交ぜつつ、

081219_130030.jpg


DVDを撮影したとこだ





楽しみだぜ。



でも、たどり着けるかまだわかんないぜ


まぁ、なんとかなるっしょ


行ってきます。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。