★さるのビッグバン★

全てはここからはじまるぜ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

三大ヘンタイ

今年も早稲田祭で、あの三人が集まっちまった
081103_172047.jpg


ちなみに去年
20071104203334.jpg


メガネが入れ替わってる……



主人公、伊右衛門

この役をやった人は「お岩稲荷」に行かないと、お岩さんに呪われるらしい

と、笑いながら先生に言われた


早稲田祭二日目、1時半から講演だったため、

「仕掛けのリハーサルをしたいので9時集合で」

のメールをある程度シカトし、12時ぐらいに行ってやった

後から考えれば、前回これで主人公を押し付けられたにも関わらず、

全く進歩のないおれ


12時ぐらいにわざとらしく

このTシャツを着ていくと、
081107_104157.jpg



女:「セリフが増えました~」

おれ:「(そのぐらいならこの伊右衛門さまが何とかしてやろう)

    はい」


良く見ると、

増えたのは「セリフ」じゃなくて、「役」だったよ

短い劇中に起こる、

二箇所の一人芝居

何で主人公役の人に、その他の役もやらせるんだ!!



また、劇中で伊右衛門に結婚を迫る女の子がいるのだが、

その子の役をやっていたのが(女の子の役全部その子がやってるんだが)

リアルに演劇をやっている子で、

セリフにあまりにも感情がこもっていた。


女の子:「伊右衛門さまぁ~、あたしと結婚してちょうだいよぉ~!!!」

おれ:「(思わず)お、おう」


さらにそのシーンの流れで、

お梅ちゃん:「あたし伊右衛門さまと結婚できなきゃ死んじゃうから!

        良いの!?あたし、本気よ!!」

というセリフに続き

伊右衛門:「ちょ、ちょっと待てよ」

という台本があったのだが、






思わず、

おれ:「ちょ、ちょ待てよ」
2f380998.jpg


セリフあわせの時点では、クラス中が爆笑してくれたはずが、

本番ではしっかりスベッた



でもひとつだけ、不満があるとすれば、

こんなにおれら頑張ったはずなのに、

昨日の授業はもとの感じに戻っていたということだ(会話無い)
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<神様 | HOME | もしかして>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。