★さるのビッグバン★

全てはここからはじまるぜ…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Big America

3日(現地時間)、NFLを見てきた
P1040109.jpg



本場アメリカンフットボールの、プレイオフ、サバイバルレースの試合だ

サンディエゴ(Riversideから車で1時間半)での試合を見てきたのだが、

初めは正直、見れないと思っていた

それは席が取れないとかじゃなくて、

サンディエゴのチーム(チャージャース)がプレーオフに進めるなんて思っていなかったからだ


カナダを出発する直前のチャージャースの成績は、7勝8敗

たいていのチームは10勝とかしないとプレーオフ出れない

負け越してるチームがプレーオフとかは正直ありえないのがNFLだ
(まぁ、それはどのスポーツでも同じか)

それが、ウィスラーで出会ったサンディエゴ出身の人が、

その時点でいまだに地元チームのプレーオフ進出を信じていた

正直、そのときおれらは

「地元のアメリカンは強烈だね…」

と斜に構えてものをみていたのだが、(タカヤス=シャニヤス※)  ※シャニ(斜に)ヤス

なんと奇跡的に、本当にプレーオフに進出しやがった
(そこら辺はNFLの複雑な運営方法によるのでここでは割愛するぜ)


「ウィスラーに雪がなかったお返しの神様からの贈りものだー!」

とか言いながら、年末年始にもかかわらずなんとかとったチケット

悠々とサンディエゴに乗り込むと、駐車場には、
P1040107.jpg
(試合開始2時間半前)

すでに、人、人、人、

みんなバーベキューしながら(もちろん道具は自前)

ピックアップトラックの荷台に乗った大型プラズマテレビで、

それまでのチャージャースの試合をおさらいしていた

もはやサンディエゴのファンじゃないとぶっ殺されそうな盛り上がり、

サンディエゴのファンであっても、何かグッズを身につけていないと

みんなに「お前はどっちの応援だコノヤロウ」とにらみを利かされまくる

もちろん、おれらはサンディエゴのプレーオフ進出を信じてやまない熱烈なファンだったから、

その場で即チャージャースグッズお買い上げだったね


試合中は、敵のチームが攻撃しているときには、クラウドノイズ(crowd noise)

という、読んで字のごとく、観客が大声を出して相手のオフェンスの意思疎通を邪魔するのだが、

それがそれがもう、ハンパない

観客席にいても隣の人とまったく会話ができないノイズ(大声)を、

みんながいっせいにフィールドに向けて発している

しかも、地元だから、スタジアム中チャージャースの応援

そのハンパなさは噂には聞いていたが、

もはや想像をはるかに絶していた

そして、その反対にチャージャースが攻撃してるときの静けさといったらこれがまた、もう


そんなこんなで隣の兄ちゃんたちと大盛り上がり、

そう大したプレーじゃなくても、プレーが成功するたび、ハイタッチ

タッチダウンをとった暁には、もーう、やばい


完全に下馬評ではアンダードッグだったチャージャースも、
(何しろ相手は今期MVPを擁して、11勝3敗のチーム)

おれらの熱烈な応援に応えて

延長戦に及ぶ熱戦を制して、トーナメントの駒を次へと進めよった



完全に、ファンになりました、チャージャースさん


ホントはもうちょっといろいろ書こうと思ってたんだけど、やっぱ無理だぜBIG AMERICA

次回はOcean's 15編
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Big America 2 | HOME | The Best of North America>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。